話題のマーダーミステリーが静岡で遊べる!

マーダーミステリーを聞いた事がありますか?
若い人達や人狼などを好きな人達の間で流行っている、推理体験型ゲームです!

具体的には・・・

マーダーミステリーとは、殺人事件を題材にした体験型の推理ゲームです。参加者は事件に関係するキャラクターの一人になりきり、全員で協力して真相を解き明かします。しかし、参加者の中には事件の犯人が潜んでいることもあります。犯人は真相がバレないように嘘をつき、追及を逃れる必要があります。また、犯人以外の人も一枚岩ではなく、それぞれに目的や秘密を持っています。最終的に犯人を見つけることができるか、互いの秘密や疑惑を暴けるか、どんな結末を迎えるか。それらは全て参加するあなた次第となる、とても自由なゲームです。

bing 引用

どんな人にオススメ?

マーダーミステリーは推理ゲームとちょっとした芝居の要素があります。

ゲームに登場してくるキャラクターになりきって遊ぶのが非常に楽しいです。

なので、サスペンスドラマが好きな人や、キャラクターになりきって遊ぶのが好きな人におすすめです!

どうやって遊ぶの?

マーダーミステリーは色々なゲームタイトルがありますが、それぞれのゲームで遊び方が少しずつ異なります。

しかし、大きな流れはほとんど同じです。
次のような流れでゲームを遊んでいきます。

STEP
キャラクターシートを配布する

マーダーミステリーは大体、どこかの場所で事件が起きて人数分の人たちが疑いをかけられます。

その時の一人に全員が割り振られます。
キャラクターシートとは、割り振られた人の人物についてや、今までの経緯、事件が起きたときの行動などが書かれています。
事件の犯人になる人や、目撃者になる人など様々です。


STEP
調査と議論を行う

配役が決まったら、全員で事件について調査をしていきます。
主に、伏せられたカードなどをめくって、事件の証拠を探していきます。

調べた情報を手がかりに全員で話し合って、事件の真相を見つけ出します。
その間、犯人は証拠を隠したり、嘘の証言をみんなに言って見つからないようにします。

STEP
全員が推理発表をして、犯人を多数決で決める

何度か、調査と議論を行ったのちに、全員で今回の事件の真相と犯人を発表します。

全員の意見を参考に、誰が犯人かを全員で多数決をしていきます。

STEP
推理の結果に応じたエンディングを迎える

多数決の結果によっては、犯人ではない人が犯人に仕立て上げられるかもしれません。

もしくは推理があてはあり、見事犯人を的中できるかもしれません。

誰が犯人とされたか、

目次

遊ぶときの注意点

マーダーミステリーを遊ぶときはこのゲームの特徴にも注意して遊ぶ必要があります!

他の人に自分の正体はできるだけ明かさないようにしよう!

ゲームの最初に、そのゲーム内であなたがどんな役職を与えられているのか設定資料が渡されます。
そこには、「あなたは犯人です」と書かれているかもしれないですし、「あなたは犯人の事を守りたい人」と記されているかもしれません。

しかし、その内容は基本的に他の人に知られてはいけません。

ロールプレイ(役になりきること)はほどほどに!

配られた配役になりきって遊ぶのは非常に楽しいです!怪しげな老執事や、お嬢様キャラの女性などなど。
ですが、ロールプレイはあくまでも自己満足に抑えましょう!他の人に強要したり、指摘などしてしまうとせっかくの楽しいゲームが台無しになってしまうことも。
周りの人と一緒に楽しみながらゲームを作っていきましょう!

ゲーム終了後にSNSなどでネタバレは絶対にしないように!

マーダーミステリーはゲームの性質上、犯人や事件のトリックなどが存在します。
ゲーム終了後に、楽しさのあまり「犯人は〇〇だったけど見つけられなかったー!」などの投稿は控えるようにしましょう!
遊んだことがない人の目にとまってしまうと、ゲームが遊べなくなってしまうので注意しましょう!

マーダーミステリーを遊んでみたい!

グループSNEのマーダーミステリーなどがございます。

ボードゲームカフェあなぐまには、マーダーミステリーも置いてあります!

ゲームの都合上、新品を遊ぶたびに開封する形になるのでフリータイムの方、限定となります。

\一人でも/ マーダーミステリーを遊ぶ人を募集中!

マーダーミステリーは人数がどうしても必要になってしまうゲームです。

マーダーミステリーを遊んでみたい!という人は是非一緒に遊びましょう!

LINEの公式アカウントにて募集をしております。
希望の方はLINE公式アカウントから「マダミス」とメッセージを送信してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次